看護師の仕事と生活

私のONとOFF

川本 夏那実 JA尾道総合病院 5B病棟勤務

内科病棟に勤務して2年目になります。ずっと働きたかった病棟で、勉強の毎日です。
まだまだ分からないことだらけの私ですが、温かい職場、先輩方に支えていただき、毎日やりがいを感じながら仕事ができています。学生の頃からモットーにしている「寄り添う看護」を忘れず、これからも日々精進していきたいと思っています。
休みの日や仕事終わりは、よくカープ観戦に行っています。観戦しながらのビールは格別においしく毎回楽しく観戦しています。オフシーズンには、日南キャンプや沖縄キャンプに行き、大好きな選手を間近で見て幸せをかみしめています。そんな楽しみを原動力にして日々の仕事を頑張っています。

向井 結海 JA吉田総合病院 5階病棟勤務

療養病棟に配属となった新人看護師です。
まだまだ分からないことが多く、先輩から助言をいただきながら、新しいことを経験し、学びの多い毎日です。患者さんの命を預かる責任の重さを感じ大変なことも多くありますが、患者さんの笑顔や、家族からの患者さんの言葉が私のやりがいとなり、楽しく働くことができています。患者さんが安楽な1日1日を送れるよう、あたたかい看護をしていきたいです。
友人と食事に行ったり、テニスをしたり、バッティングセンターに行ったり、冬はスノーボードをしたりと、アクティブに休日を楽しんでいます。休日も十分にあるため、プライベートも充実させ、ストレス発散することができています。
テニスでは地元の大会にも出ていますが優勝にあと一歩届きません。来年こそはと気合いが入っています。

本谷 充弘 JA広島総合病院 西5階病棟勤務

今年の5月から整形外科に配属になりました。とにかく慣れないことばかりで、職場の先輩方に熱い指導をいただきながら、日々勉強勉強の毎日です。時間管理や効率性も求められるお仕事ですが、何より患者さんに寄り添い、徐々に患者さんが病気から回復していく過程をお手伝いできることにとてもやりがいを感じています。今後も自分の持ち前である“いつも笑顔”をモットーに、患者さんが元気になるような看護ができるよう精進してがんばっていこうと思います。
休日の楽しみは2つあります。1つ目はバイクで遠方に一人旅をしたり、友達とツーリングに行くことです。自分の知らない世界を、TV等の画面越しではなく、自分の目で確かめたいという衝動に駆られて、休みの日にはすぐにバイクで飛び出してしまいます。バイクはいいぞ~。2つ目は中学生の頃からやっているギターや高校生で始めたピアノ、ドラムを演奏することです。バイクに乗らない時は疲れていなかったら演奏しています。いつも仕事前には好きな曲を弾いたり聴いたりして気持ちを高ぶらせています。

森田泰悠 JA尾道総合病院 HCU勤務

HCUで勤務しております森田泰悠と申します。
HCUでは生命の危機的状況にある患者さんへ少しでも生きる力を支えられるよう微力ながら日々看護を行っております。多様な疾患を対象としており治療の方向性や看護に関しても個別性が非常に重要となってきます。その中で自分自身にできること、また自己課題を見つけ日々精進しております。
職場環境ですが雰囲気はとても良く、先輩方からは適切な御指導をいただき、また後輩からはフレッシュな刺激を受け、自分自身の成長のみでなくチーム全体で成長していけるような環境に日々感謝しております。
自分自身のメンタルヘルスを保つ事も仕事の1つと私は考えております。
しかし私も一人の人間であり落ち込む事もたくさんあります。
そんな中、ON・OFFでしっかりとメリハリをつけリフレッシュしていくことの大切さを感じております。
私は釣りやバイク・サッカー・キャンプなど様々な趣味を持っております。
趣味を通じて知り合えた仲間にも感謝しつつ思いっきり楽しんでリフレッシュさせて頂いております。

石崎はる奈 JA吉田総合病院 7-2病棟

精神科の開放病棟に所属して半年になります。最初は戸惑うこともありましたが、優しく温かい先輩方に支えられ、日々学びながら成長することができていると感じています。入院されている1人ひとりの患者さんと向き合い、患者さんの気持ちに寄り添った看護ができるように1日1日を大切に考えながら行動していきたいと思います。
中学でホルンを始め、そこからホルンの音色に惚れ込み、今でも休日になるとホルンを演奏しています。最近は曲のレパートリーを増やそうと思い、新しい曲にも挑戦しています。休日にホルンを演奏することでリフレッシュでき、次の日の仕事も頑張ろうと前向きな気持ちになります。これからもいろんな曲に挑戦していきたいと思います。

中野若菜 JA広島総合病院 西6階病棟勤務

入職1年目で出来ないことや分からないことが多いですが、先輩方の優しく丁寧なご指導により毎日多くの学びを得ることができています。自分の言葉ひとつで患者さんが笑顔になったり、術後の患者さんが笑顔で退院される姿を見ると、看護の仕事にとてもやりがいを感じます。これからも患者さんとのコミュニケーションを大切にして、退院後の生活を見据えた寄り添う看護を提供できるように頑張ります。
休日は自宅で愛猫と一緒にゆっくり過ごすことで日々の疲れを癒やすことが多いです。また、配属先の違う同期とご飯を食べに行ったりお酒を飲んだりして心身ともにリフレッシュしています。最近は美味しいご飯が食べられるお店を探すことが新しい趣味のひとつとなっています。ONとOFFを上手く切り替えて、仕事と私生活ともに充実させていきたいと思います。
pageUP