看護師の仕事と生活

私のONとOFF

西村 智子 :JA尾道総合病院 救命救急センター救急室勤務 

私は、救急室に配属となり2年が経ちました。
軽症から重症度の高い患者さんまで様々な疾患に関わる事ができ、緊張と勉強の毎日ですが、周りのスタッフに支えていただきながら頑張っています。
忙しい時こそ「患者に寄り添う看護」を大切にしていきたいです。
休日の私は、食事やカラオケに行ったり、サッカーをしたりと、アクティブに過ごしています。また、嵐のコンサートに行き、日々のストレスを発散するかのようにがむしゃらに団扇を振りながら大声で叫んでいます。日々の生活の中でON,OFFをうまく使い分ける事が仕事への更なる活力へ繋がっています。

川嵜 正稜 : JA吉田総合病院 4階病棟勤務

日々、貴重な経験や多くのことを学ばせていただいております。就職して間もないため分からないことも多く、反省の毎日です。しかし、先輩方から指導や助言をしていただき、一人前の看護師になれるように頑張っています。患者さんに寄り添った看護ができるように日々精進していきます。
小学生から剣道をしています。仕事の休みと稽古日が重なっている時は、道場に通い汗を流しています。夏は暑く冬は寒いですが、稽古後は爽快感と充実感で一杯になります。また、来年には五段の審査もあるので、それに向けて楽しく頑張っています。

平本 廉昴 : JA広島総合病院 OP室勤務

今年度より手術室の主任という立場になり、日々多くの場面で責任の重さを感じています。手術を受けられる患者さんに、より良い手術室看護を行えるような業務改善や、管理だけでなくスタッフが働きやすい職場(雰囲気)づくりなど、手術室全体が成長できるような関わりができればと思います。
初心を忘れず頑張ります。
近年、カープ女子が大盛り上がりですが、私は昔からサンフレッチェ男子です。
HOMEの試合のみならず、毎年AWAYの試合にも足を運んで観戦しています。サッカー観戦の他はロードバイクが趣味なので、友人たちと江田島などにサイクリングに行ったり、色々なサイクルイベントに参加して汗をかいてリフレッシュしています。

藤原 未来 :JA尾道総合病院 ICU勤務

ICUに勤務して2年目になります。学生の頃から憧れていた集中治療の現場を目の当たりにし、最初はわからないことばかりで不安な毎日を送っていましたが、温かい先輩方に支えられ成長することが出来ていると感じています。ICUという非日常的な環境の中でもその人らしくいられるような看護を目指し、これからも日々努力してまいります。
12歳から始めた和太鼓。今では私の生活の一部になっています。週2回の練習と月に数回ある出演依頼に、休みの日も忙しく動き回っています。辛いことがあっても笑顔にさせてくれるメンバーに支えられ、気持ちを切り替えて仕事も頑張ることが出来ています。地元をはじめ全国各地で演奏していますので、機会があればぜひ見に来てください。

福島 潤子 :JA吉田総合病院 6階病棟勤務

内科と整形外科の一般急性期病棟に所属しています。入職して3年目となり、後輩も出来て教える機会も増え、自分自身も1から勉強し成長していくことが出来ています。整形外科における手術前後の管理・内科における検査や重症者の看護など、忙しい日々を送っていますが、その分やりがいも強く感じていて、患者さんからの「ありがとう」という言葉がとても励みになっています。これからも患者さんの為に日々努力して行きたいです。
休日は運動も兼ねて近所を散歩します。普段は歩かない所や見たことのない景色などがあるので新鮮に感じ、気持ちの整理をするのにも効果的です。また、友人と一緒にライブ参戦もしています。日々のストレスも発散でき、大好きなアーティストを見て発狂しています!リフレッシュ休暇や有給休暇を使って自分の時間にあてることが出来るのでとっても助かっています。

湊 愛 :JA広島総合病院 東4階病棟勤務

先輩に丁寧にご指導をいただき、技術を磨く毎日です。自分の提供した看護が患者さんの安楽に繋がったり、回復したりする姿を見るととてもやりがいを感じます。落ち込む時もありますが、周りのスタッフの方々に助けていただき、ここまでやってくることが出来ました。これからも心のこもった看護が提供できるようがんばります。
連休をいただけることも多く、休みの日はしっかり遊んで寝て、時にはおいしいお酒を飲んでリフレッシュしています。年に1回は今しかできないことをしようと思って、泣きながらフルマラソンに挑戦したり、高山病になりながら先輩と富士山に登ったりしました。
働きながらも自分のやりたいことができ、楽しく過ごしています。
pageUP