看護師の仕事と生活

私のONとOFF

小早川 智則 :JA尾道総合病院 手術室勤務

手術室1年目の看護師です。
手術室では物品の名称や保管場所、各手術の直接介助・間接介助での流れなど覚えることが多くあり大変ですが、先輩方からのフォローも受け、少しずつですが成長できていると思います。
OFFの時には家でゆっくり過ごしたり、バイクでツーリングに出たりしています。冬には友達とスノーボードに行き、楽しく過ごしています。
これからもいろいろなことに挑戦して、趣味を増やしてストレスを溜めないようにし、日々を楽しく過ごせるようにしていきたいと思います。

大下 愛子 : JA吉田総合病院 精神科閉鎖病棟勤務

精神科閉鎖病棟所属です。
最初は患者さんの病状や行動の意味がわからず、関係も上手く築けずに辛い日もありました。
次第に、患者さんから話しかけられたり頼られたりすると、自分の存在の意味を感じ「頑張ろう」と思え、学生の時よりも勉強しています。
今は看護することが楽しくて、緊張の中にも充実感が一杯です。
心と身体の看護ができるよう、日々頑張っています。
職場の先輩に誘われたのを機にサッカー観戦やダッキーを体験、自然と触れ合う機会が増えました。
サッカー観戦では大声で応援することで気持ちがスッキリ、今では贔屓の選手もいます。
大きな川を二人乗りのダッキーで下っていく様はスリル一杯で、ハラハラドキドキしました。
オフをしっかり楽しみ、日頃の疲れをリフレッシュしています。

後藤 友美 : JA広島総合病院 中央手術室勤務

育児休暇を一年頂いたので、復帰がとても不安でしたが、復帰後は時短勤務で、手術室勤務に戻してもらったのですぐに仕事に慣れることができました。
スタッフや家族の協力もあり、毎日楽しく働いています。
娘は院内保育園で預かってもらっていますが、とても楽しそうなので、安心して仕事ができます。
今後はICLSやJPTECのインストラクション、DMAT活動も頑張っていきたいと思います。
休みの日は家族との時間を大切にしています。
夫のサッカー試合を観に行ったり、プレイルームのあるお店にランチしに行ったり。 
娘の楽しそうな表情を見ると、疲れも飛んでいきます。
でもやっぱり私は家でまったり過ごし、娘と一緒にお昼寝をしている時間が一番幸せです。

川平 民子 :JA尾道総合病院 4B病棟勤務

早いもので、当院に就職して20+X年という月日が経ち、今は小児科病棟(及び混合病棟)に勤務しています。
小児には苦手意識があり、自分に務まるのか不安でいっぱいでしたが、今は小さい患者さんと接すること、お世話をすることが大きな癒しです。
どんなに泣かれ困らされても、良くなってニコニコと退院していく子供たちを見ていると、辛かったことも忘れます。
まだまだ頑張りますのでよろしくお願いします。
休日は、ふれあいの里からフランスのパリまでしばしば出かけます。
「旅行が趣味」とまではいかず、パリへしばしばというわけにはいきませんが、近辺に友達と出かけることは多いです。
平日は、仕事が終わるとテニスコートへ出かけます。下手なりに楽しくやっています。いつか試合に出て勝ちたいです。

末田 恵望 :JA吉田総合病院 3階病棟勤務

日々周囲のスタッフさんに支えてもらいながら働いています。
まだまだ先輩方の足元にも及ばず、迷惑ばかりかけており、反省の毎日です。それでも指導してくださるスタッフのみなさんに日々感謝しています。
一日一日を大切にして、看護師として社会人として少しでも成長していけるよう、努力していきたいです。
私のストレス解消法は、たくさん食べてたくさん眠ることです。
仕事で疲れても、美味しい物をたくさん食べて気が済むまで眠ると、気持ちがスッキリしてまた頑張るぞ!と元気が出ます。
最近はおしゃれなカフェや美味しいレストランがどんどん出来ているので、お店選びも楽しみの一つです。
今年は食べるだけでなく他の趣味も見つけたいと思いますが、まずは温泉めぐりにチャレンジします。

長岡 雄一 :JA広島総合病院 西5階病棟勤務

先輩からアドバイスを頂きながら毎日頑張っています。
業務中にご指導頂くこともありますが、できなかった所だけでなく、できているところも言ってくださるので、自分に不足している点を明確にでき、次のステップに繋げることができます。
患者さんから感謝の言葉をいただいた時、とてもやりがいを感じます。
これからも患者さんの気持ちに沿えるような看護をしながら成長していきたいと思います。
OFFの時に、趣味のバスケットボールで身体を動かし汗をかくことで、自分の気持ちをONからOFFに切り替えています。
プライベートを充実させリフレッシュすることは次の仕事を頑張る活力源になり、また仕事の時も次のOFFの日があるから頑張れます。
仕事中は身体も心も緊張しているので、ONとOFFの気持ちにメリハリをつけることで、仕事により集中して取り組むことができます。
pageUP